朝霞地区医師会地域包括ケア支援室

お知らせ

ANNOUNCEMETN

令和4年5月16日

令和4年度 第1回朝霞地区在宅医療・介護連携推進会議

地域包括ケア支援室は、
医療・介護連携拠点です

Our MISSION

高齢者の方が、要介護状態になっても、人生の最後まで住み慣れた地域で自分らしい暮らしができるよう、医療や介護サービスを上手に使いながら暮らしを支えていくことが重要です。 地域包括ケア支援室は、医療・介護が一体的に提供するための支援体制を整える活動を行う「医療・介護連携拠点」です。 一般社団法人朝霞地区医師会では、朝霞市・志木市・新座市・和光市の朝霞地区4市から、介護保険法における在宅医療介護連携事業のひとつとして地域包括ケア支援室の運営を委託されており、医師会(地域包括ケア支援室)と朝霞地区4市で連携しながら在宅医療と介護が円滑に切れ目なく提供される仕組みの構築をめざしています。 主な業務は以下のものとなります。

  1. 在宅医療・介護連携に関する医療機関や介護サービス事業者への相談支援情報共有業務
  2. 地域包括ケア支援室に関する広報活動業務
  3. 地域包括ケア支援室に関する朝霞地区4市と地区医師会の連絡調整業務
  4. 在宅医療に関する社会資源の把握等地域包括ケア支援室の運営に必要な業務
  5. 地域包括ケア支援室の業務を効果的に推進するため、地域ケア会議への出席など他の地域支援事業とのネットワークを図る業務

在宅医療と介護の連携した対応が求められる4つの場面
出典:在宅医療・介護連携推進事業の手引きVer.3(厚生労働省)より一部修正

相談業務

CONSULTATION

在宅医療・介護連携に関する相談支援を行っております。